2016年5月例会 山内龍雄芸術館訪問

山内龍雄芸術館訪問

●日時:5 月22 日( 日)
14:00 藤沢駅JR 改札口 集合

●会場:山内龍雄芸術館
神奈川県藤沢市羽鳥5-8-31
http://www.yamauchitatsuo.net/

 

 

2016年4月例会 青山| 目黒 青山秀樹氏 講演

青山| 目黒 青山秀樹氏 講演
「世界と日本のアーティスト」

目黒区のギャラリー、青山| 目黒(AOYAMA | MEGURO)のオーナー、
青山秀樹氏をお招きして、世界と日本のアーティストに関する講演をしていただきます。

●日時:4 月23 日( 土) 18:00〜
講演終了後、懇親会

●会場:TS4312
東京都新宿区四谷三丁目12番地サワノボリビル9階
東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅1番出口から新宿方向に徒歩1分
セブンイレブンの隣のビル(1階は薬局)

●参加費:¥1,000(会員¥500) ワンドリンク付き

●その他:青山| 目黒 HP http://aoyamameguro.com/

 

 

2016年3月例会 VOCA 展 シンポジウム・レセプション

VOCA 展 シンポジウム・レセプション

●日時:3 月11 日( 金)
シンポジウム  15:00 〜17:00

●会場:上野の森美術館

●シンポジウム:「平面と時間」

パネリスト 建畠晢( 司会)、本江邦夫、笠原美智子、片岡真実、島敦彦、藤本由紀夫
レセプション 午後17時30分〜19時

 

 

2016年2月例会 丸沼芸術の森 浮世絵・版画 美術鑑賞会

丸沼芸術の森にて、学芸員の大竹様を講師として、丸沼美術館所蔵の
広重コレクションなど、浮世絵・版画の美術鑑賞会をいたします。

●日時:2 月20 日 (土曜日)

●集合:11:00 JR 武蔵野線北朝霞駅/ 東武東上線 朝霞台駅ロータリー

●会場:丸沼芸術の森
埼玉県朝霞市上内間木493-1
http://marunuma-artpark.co.jp/

●参加の方は、2/18(木)までに、KS Gallery 内 増田までご連絡ください。
TEL:03-5159-0809
Mail:kgallery@eagle.ocn.ne.jp

 

 

2016年1月例会 一点持寄り座談会

2016年最初の例会です。

強烈な突っ込みにも負けず、楽しく自慢しあいたいと思います。

皆さんご参加ください。

【日時】
2016年1月10日(日)

 

 

 

2015年12月例会 高田寿八郎氏講演 「ニューヨークとアートと僕」

高田寿八郎氏講演
「ニューヨークとアートと僕」-青い目の浦島太郎ー

●日時:12 月13 日(日曜日)
16時00分~17時30分(講演・質疑応答)
17時30分~19時00分(懇親会)

(15時00分~15時30分 美楽舎総会 )

●場所:ギャラリーTS4312
新宿区四谷3丁目12番 沢登ビル9F
地下鉄四谷三丁目下車 徒歩3分
TEL 03-3351-8435

●参加の方はK’s Gallery 内 増田までご連絡ください。
TEL 03-5159-0809

●その他 会費無料 会員外 1,000円 懇親会 1,000円

【高田 寿八郎氏 略歴】
1948年 生まれ
1975年 東京芸術大学美術学部油画科卒業
1977年 同大学院卒業
1979年 同大学美術研究科デザイン専攻研究科卒業
1980年 マックス・ベックマン奨学金取得後渡米。以後28年間米国に居住、日米で展覧会活動
を継続。一時帰国時、東京芸大、愛知芸大、造形大学等で講義・講演。
2007年 米国より帰国。2008年~14年了徳寺大学芸術学部教授。女子美術大学・東京家政
大学非常勤講師勤務。
2014年 放送大学非常勤講師。
現在放送大学にてアメリカ文化芸術事情を通じ21世紀芸術につき概説中。

 

 

2015年11月例会 相模原・アーティストビレッジ見学

昨年に引き続き、若手作家のアトリエ見学です。
Island 伊藤悠さんの案内で、アーティストのアトリエ訪問をいたします。

 

●日時:11月8 日(日)

●集合: 12:00 JR相模原駅前集合

食事は済ませてご集合ください。
集合後、レンタカーでの移動となります。
見学終了後、相模原で簡単な懇親会を予定しています。

2015年10月例会 海上邸訪問

昨年に引き続き、海上さんのご自宅訪問をいたします。
皆様のご参加、お待ちしております。

●日時:10月25日(日)

●集合:
09時30分 四谷駅赤坂方面口
12時00分 軽井沢着
(昼食)
13:00 軽井沢西武美術館
15:00 発
15:30 海上邸
18:00 発
20:00 東京近辺着

●人数等 10人程度、レンタカーによる移動
●参加申込み tsawato@r4.dion.ne.jp (澤登丈夫)

 

 

2015年9月例会 ー練馬区立美術館 「舟越保武彫刻展」 鑑賞

美楽舎例会は今までに約300回開催されていますが、意外にも彫刻展鑑賞は初めてと思われます。
今回は急の企画となってしまいましたが、練馬区立美術館に戦後日本を代表する彫刻家「舟越保武」の名作の数々が集められていますので、皆さんと一緒にじっくり鑑賞したいと思っています。
練馬区立美術館の「舟越保武彫刻展」を企画された学芸員の喜多さまに、当日の鑑賞終了後、短時間ですが質問に答える等お付き合い頂けることになりました。
多くの皆様の参加を期待します。

【日時】
9月5日(土)15:00~

【場所】
練馬区立森美術館入り口前 集合15時集合(時間厳守)
解散 17時予定
東京都練馬区貫井1-36-16
TEL 03-3577-1821

西部池袋線 中村橋( 池袋駅から6駅目) から徒歩3分
改札は1カ所です。改札を左に出て、石神井公園駅方向に130メートル先の右

※入場券は各自お求めください。
入館料  一般800円  65~74歳600円

※参加の方  K’s Gallery 内  増田までご連絡下さい。
Tel 03-5159-0809 Fax 03-5579-9004
メール kgallery@eagle.ocn.ne.jp

 

2015年8月例会 林香君先生ご案内による 日光輪王寺修復解体工事見学

●日時:8 月22 日(土)11:30~

●集合:東武日光に11:30

●予定
9:10 浅草発 快速スカイツリー   11:21  1350円
9:30 浅草発 特急         11:17  2800円(予約要座席指定)
昼食 レストラン 全 2000円程度(徒歩10分程度)
13;00 竹内栖鳳展@ 小杉放菴美術館(徒歩7分)
14:15 日光輪王寺(徒歩5分)
16:30頃解散(駅まで徒歩15分程度)
帰りは、快速か特急か 時間、価格 各自

●参加希望者連絡先:  tsawato@r4.dion.ne.jp (澤登丈夫)

【林香君氏 略歴】

東京芸術大学卒業 1978年
女流陶芸家 文星芸術大学教授
【主な受賞歴他】
朝日陶芸展 グランプリ受賞 1993年
女流陶芸展 河北倫明記念賞 1997年
<華厳09>第41回 日展 特選受賞 2009年
現代工芸アートフェア   2011年
第44回日展特選受賞 <祈りかたち– 第二楽章> 2012年

 

 

2015年7月例会 実川暢宏氏講演 「美術コレクションについて」

元自由ケ丘画廊オーナー 実川暢宏氏 講演「美術コレクションについて」

マイコレ展最終日の実川氏の講演が例会となります、お集まり、ご参加ください。
参加者は20名位を目途とし、事務局か美楽舎メールに連絡ください。

●講演&パーティー:7月11日(土)15時~16時半

●会場:K392ギャラリー(前面ガラス張り)
〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-2 プラザ京橋ビル1F
都営浅草線「宝町駅」A3 出口より徒歩1 分
東京メトロ「京橋駅」1,2 番出口より徒歩3 分

●参加費:会員は無料、会員以外は1000円、

●クロージングパーティー:16時半~17時半(予定)

 

【実川暢宏(元自由ケ丘画廊オーナー)】

実川暢宏・寺田侑『現代美術 夢 むだ話』(冬青社)の著作あり。
現代美術の草分け的画廊である自由が丘画廊を長く経営してきた人。最初の頃から駒井哲郎を扱い1万円で買い上げしてたとか、他にも山口長男、李禹煥など、海外の作家では、ポリアコフ、ウォーホル、ステラ、フォンタナ、デュシャンなどを早い時期に扱っている。
美楽舎の講演は10年ぶりとなる。

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月例会 ー クサカベ絵具工場見学

会員の皆さまからのご要望もあり、紫陽花が美しい季節に都会より少し足をの
ばして朝霞市にある(株)クサカベの絵具工場見学を企画いたしました。
平日のみのイベントとなり、参加されづらい方々もいらっしゃるかと思います
が奮ってご参加くださいますようをお待ちしております。

【日時】
6月24日(水) 13:30〜15:00

【場所】
(株)クサカベ絵具  朝霞工場内 
朝霞市脇折3-3-8  ☎ 048-465-6661
担当: 岩崎

【スケジュール】       
開催時間:  13:30〜  約2時間ほど
工場見学のみは参加費はありませんが、
絵具を作るWorkに参加の場合 ¥1, 000 となります。 

集合時間:   JR武蔵野線北朝霞駅/東武東上線 朝霞台駅 ロータリー
        12:45(厳守)
実施最低人数: 10人

申し込み(連絡先)  K‘ s Gallery  増田氏まで  
―締切は6月16日(火)―
幹事: 浪川  090-5503-5517

2015年5月例会 ー 冬青社社長 高橋国博氏 講演

「写真コレクションと現在の世界の写真の動き」

 

【日時】

5月23日(土)15:00~
16:00頃より懇親会
参加費1000円(美楽舎会員は500 円)

【場所】

TS4312
東京都新宿区四谷三丁目12番地サワノボリビル9F
TEL 03-3351-8435 /FAX 03-3359-5650

参加の方  K’s Gallery 内  増田まで
Tel :03-5159-0809 Fax :03-5579-9004
メール:kgallery@eagle.ocn.ne.jp
(ご出席いただける人数は先着15名までとさせていただきます)
会員外の方の出席も心よりお待ちしています。

【講演】
冬青社社長 高橋国博氏

 

<高橋国博氏 略歴>
1943 年 5 月 25 日生まれ
1974 年 大手電器メーカー研究所退職
1974 年 芸術系出版社入社
1984 年 出版社 株式会社冬青社設立
京都造形芸術大学 非常勤講師
2005 年 ギャラリー冬青、
写真専門のコマーシャルギャラリーを立ち上げる。
10 年前より写真集専門の出版社へ変革する。

 

 

 

 

 

 

 

2015年4月例会 ー 美楽舎アートフェア

美楽舎会員は様々な活動をしていますが、今回はその会員の有志による、
アー トフェアと銘打っての各々の活動紹介です。

アート愛好家のアートとの接し方には、

①集める  ②見る ③描く ④見せる ⑤作家を育てる
⑥若手作家の紹介  ⑦作品の保存  ⑧作品の次世代へのバトンタッチ

などがあります。 ①集める、④見せるにつきましては、
毎年マイコレ展を開催して、自分の集めたコレクションをお見せしています。

今回の美楽舎アートフェアでは、
⑥若手作家の紹介、⑧作品の次世代へのバトンタッチ、
さらには③コレクター自身が描く、という側面を、楽しくお見せできればと思っています。
ぜひお立ち寄りください。

●開催日時
2014.4.20( 月 ) 〜 4.25( 土 ) 12:00〜19:00(最終日は17:30まで)

●会場
K’sギャラリー (前面ガラス張り) 東京都中央区京橋 3-9-2 プラザ京橋ビル1F
都営浅草線「宝町駅」A3 出口より徒歩 1 分、 東京メトロ「京橋駅」1、2 番出口より徒歩 3 分

●出展作家(会員推薦応援作家)
泉:大倉はな 松井靖果 早川剛 橋口美佐
北林:机ツヤ子
関根:関根清治
沢登:蛇目 竹内翔

●リセール品
・カシニョール 女性像 F12 油彩
・鍋井克之 鳥渡る熊野灘 F4 油彩
・和田三造 窓辺 8号? 油
・豊田一男 バラ F3 油彩
・原精一 裸婦  油絵
・三岸黄太郎 風景 F3
・日向裕 風景 P10
・武田範芳 子供のピエロ達 変形12号
・木津文哉 ノコギリクワガタ F3 ミクストメディア
・木津文哉 隧道 M6 ミクストメディア

●作家プロフィール

松井靖果(しずか) 「写真と絵画の融合で旅する」
シェル美術賞2014で入選。今回展示の100号作品はその入選作です。
平成25年、女子美術大学短期大学部専攻科創造デザインコース修了。

大倉なな  「フランシス・ベーコンが好き」
平成27年1月のACTアート大賞2015に入選。今回その入選作を展示します。
平成25年、女子美術大学短期大学部造形学科美術コース卒業。

早川 剛  「躍動する女性人物画の源泉:写真とデッサン」
3月開催の「コレクターたちの饗宴展」でも注目を集めた作家。
魅力的な人物画の諸相をお見せします。昭和51年生まれ。平成13年、日展初入選。
K’s Galleryで毎週木曜夜にデッサン教室を開講しています。

橋口美佐  「フェミニンな内臓画」
Turner Award 2011大賞受賞。内臓をあばき描きながらフェミニンな美しさ。
平成27年、多摩美術大学大学院油画専攻博士前期(修士)過程修了。
彼女の Gallery b. Tokyo初個展出展作ほか、初期作品2点を展示します。

蛇目
1982年神戸市生まれ。
2009年 アートストリーム YODギャラリー賞
2011年 アートストリーム テヅカヤマギャラリー賞
2012年 サムホール大賞展 優秀賞
現在 TS4312にて個展開催中

竹内翔
1979年 東京生まれ
2004年 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業
2008年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了(櫃田伸也研究室)

 

2015年3月例会 ー 上野の森美術館 「VOCA展2015」 シンポジウム

【日時】平成27年3月13日(金)15:00~17:00

※シンポジウムの後、レセプションがあり、
シンポジウム参加者は、そのまま参加できます。
今回はレセプションが懇親会の代わりとなります。
写真撮影等、ご協力ください。
シンポジウムは、申込みが必要です。
参加者は各自FAXまたはメールでお申込みください。

〈シンポジウム申込み〉
住所、電話番号、氏名、シンポジウム参加希望を明記
申込先:上野の森美術館「VOCA展」係
110-0007 東京都台東区上野公園1-2
Tel: 03-3833-4191 Fax: 03-3833-4193

2015年2月例会 ー 「光琳アート 光琳と現代美術」(MOA美術館)鑑賞

今年は尾形光琳没後300年にあたり、琳派の展覧会が多く開催されます。
これもその記念特別展となります。
56年ぶりに「紅白梅図屏風」と「燕子花図屏風」が並び、
杉本博司、村上隆、会田誠ほかの現代美術作品も展示されます。

【日時】2月15日(日)11:00のバスに乗車

【集合場所】熱海駅前

【日程】美術館で30分ほど展覧会を鑑賞、
館内レストラン桃山にて昼食閑談後に解散、
各自さらにコレクションなどを鑑賞

【参加費】実費

第11回 一点持寄り座談会

2015年最初の例会です。

強烈な突っ込みにも負けず、楽しく自慢しあいたいと思います。

皆さんご参加ください。

尚、飲み物・食べ物については「各位適当に持参」としますので
よろしくお願い致します。

●日時:2015年1月11日(日)18:00~
●場所:TS4312
東京都新宿区四谷三丁目12番地サワノボリビル9F
TEL:03-3351-8435/FAX:03-3359-5650

 

2014年12月例会 ー 笹木繁男氏 講演

「戦後美術の断面」

 

先般笹木さんが自費出版された「ドキュメント 戦後美術の断面 作家の足跡から」 の出版を記念して、著者から、この本に込める思いと、戦後の日本美術の流れを語って頂きます。
現在本は@6,000円で販売(限定300部)残り極少、連絡は沢登迄。品切れの時は、ご容赦ください。

【日時】

12月21日(日)
16:30~17:30(質疑応答を含め)参加費1000円
17:30〜19:30 終了後懇親会 兼 忘年会

※美楽舎の皆様:総会を16:00〜16:30で開催します。

【場所】
TS4312
東京都新宿区四谷三丁目12番地サワノボリビル9F
TEL 03-3351-8435 /FAX 03-3359-5650

参加の方  K’s Gallery 内  増田まで
Tel :03-5159-0809 Fax :03-5579-9004
メール:kgallery@eagle.ocn.ne.jp
※12月18日までにご連絡ください
(ご出席いただける人数は先着15名までとさせていただきます)
会員外の方の出席も心よりお待ちしています。

【講演】
笹木繁男氏

<笹木繁男氏 略歴>
1931年山形県生まれ。
明治学院社会学部社会学中途退学。
都市銀行に就職、都市銀行を定年退職後、1994年10月現代美術資料センターを自宅に設立。

戦中期以降の美術資料を網羅的に収集一般に公開すると共に「開館記念展」「企画展」をセンター(自宅)で開催する。

 

 

・1994年10月開館記念展「前衛の四人展(安部公房・大野一雄・武満徹・中川幸夫)」
・1997年9月「第2回戦争と美術関係資料展示」を開催。ギャラリー川船で展覧会企画
・1996年9月25日‐10月12日「もう一つの山下菊二展」
・2003年7月11日‐2004年3月5日「あるサラリーマン・コレクションの軌跡展」周南市・三鷹市・福井市を巡回。

【著作】

・2011年『ドキュメント 時代と刺し違えた画家 中村正義の生涯』を自家出版。
・藤田嗣治(『美術の窓』に連載2004.12№261-2009.5№308)
・その他作家年譜(井上長三郎・猪熊弦一郎・・木内克・北脇昇・草間弥生・・杉浦康益・須田国太郎 鶴岡政男・野見山暁治・福沢一郎・前田寛治・松本竣介・宮本三郎・向井潤吉・山下菊二・李禹煥)

 

 

2014年11月例会 ー アーカス(守谷)訪問と取手在住作家のアトリエ巡り

アーカス(守谷)訪問と取手在住作家のアトリエ巡り

3331 Arts Chiyodaアイランド伊藤悠さんの案内による、
アーカススタジオ(守谷:オープンスタジオ)訪問と芸大取手キャンパス周辺作家のアトリエ訪問。
作家訪問先は、米蔵、井野アーティストヴィレッジ、拝借景ほか予定。

協力作家:山本努、松下徹、藤本悠、栗山斉ほか

可能性豊かな若きアーティストの制作現場を見ることが出来る稀な企画となりました。皆様の参加を期待します。
会員以外の方のご参加も心よりお待ちしています。

 

【日時】11月16日(日)11:00 〜 夕刻
※取手駅で解散、希望者は近くの居酒屋で作家を交えて懇親会(実費)

【集合場所と時間】3331 Arts Chiyoda入口前 11:00 時間厳守
3331Arts Chiyoda:〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

【会費】3,000円

【概略スケジュール】日帰り
3331発 守谷のアーカススタジオ訪問および、取手在住作家のアトリエ巡り

参加の方  K’s Gallery 内  増田まで
Tel :03-5159-0809 Fax :03-5579-9004
メール:kgallery@eagle.ocn.ne.jp
※11月13日(木)までにご連絡ください
(車1台を予定のため、先着10名程度とさせていただきます)

 

 

 

2014年10月例会 ー 北川健次氏 講演

「コレクションとは何か―北川健次」

【日時】

10月12日(日)
15:00~16:30(質疑応答を含め)1000円(会員無料)
終了後懇親会(参加費1000円)

【場所】
K’sギャラリー(美楽舎事務局)
東京都中央区京橋3-9-2プラザ京橋ビル3F
地下鉄の京橋駅、宝町駅から徒歩1、2分

参加の方  K’s Gallery 内  増田まで
Tel :03-5159-0809 Fax :03-5579-9004
メール:kgallery@eagle.ocn.ne.jp
※10月10日までにご連絡ください
(ご出席いただける人数は先着20名までとさせていただきます)
会員外の方の出席も心よりお待ちしています。

【北川健次氏より近況】

7月に刊行された『美の侵犯 ― 蕪村 × 西洋美術』(求龍堂、2800円)の書評が、この9月に入ってから各紙・誌で目立って書かれるようになって来た。9月の軽井沢に続き10月22日からは日本橋髙島屋Xでの個展を控え、その間をぬっての講演となりました。(北川健次)

【北川健次氏プロフィール】

1952 年、福井県生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修了。駒井哲郎に銅版画を学び、 棟方志功・池田満寿夫の推挽を得て作家活動を開始。‘75 年、現代日本美術展ブリヂストン 美術館賞受賞。’76 年、東京国際版画ビエンナーレ展招待出品 (東京国立近代美術館)。‘81 年、 リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展招待出品。’85 年、井上有一(書)、四谷シモン(人形)、 坂茂(建築) 等と共に「未来のアダム」展に招待出品 (企画/高橋)。    ‘90 年、文化庁派遣 芸術家在外研修員として渡欧。 来日したジム・ダインより銅版画作品を、クリストよりオブジェ作品の賞賛を得るなど、 銅版画とオブジェの分野における第一人者的存在。 版画、オブジェ、油彩画の他にコラージュ、写真、詩、評論も手がける。鋭い詩的感性と 卓越した意匠性を駆使した作品は、美術の分野において独自の位置を占めている。