第27回美楽舎マイ・コレクション展(2018/8/21〜26開催)

●展覧日時:
8月21日(火)~26日(日)
11時~20時、最終日は15時まで

●会場:
ACT(アートコンプレックス・センター)2F ACT 5
(東京メトロ丸の内線四谷3丁目下車7分)

●講演:
山本靖久(武蔵野美術大学教授)
「アンドリュー・ワイエスが日本人にウケる訳」
8月26日(日)15時~16時半

●クロージングパーティー:
8月26日(日)16時半~17時半(予定)
講演&パーティー:会員は無料、会員以外は参加費1,000円

 

 

2018年8月例会 マイコレ展クロージング講演会

【日時】
8月26日(日)15時~16時30分

【場所】
ACT(アートコンプレックス・センター)2F
新宿区大京町 12-9 TEL03-3341-3252

【講師】
山本靖久 氏 (武蔵野美術大学教授)

【演題】
「アンドリュー・ワイエスが日本人にウケる訳」

私が所属する丸沼芸術の森は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスの作品を 238 点も所蔵しております。それらの作品は多くの美術館に貸し出され、美術館の入場者の記録を塗り替える程の人気を誇っています。何故こんなにも日本人はワイエスの作品が好きなのか?その理由をワイエスの育った環境や風土、ジャポニズムの間接的な影響など、画家の立場からお話したいと思います。

【山本靖久 氏 略歴】
1963 年神奈川県生まれ 
1989 年武蔵野美術大学大学院終了
現在 武蔵野美術大大学教授 
   主体美術協会会員

【その他】
会員無料 会員外 1,000 円

2018年7月例会 モネそれから100年展 鑑賞

●日時:7月 23日(月)午後3時~

●場所:横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-4-1)

●入場料は会員は500円負担 その他1000円は美樂舎負担

 

 

2018年6月例会 第4回東京芸大 平成芸術賞 受賞作家展 鑑賞

企画展「未来の大芸術家たち」
第4回東京藝術大学 平成芸術賞受賞作家展 鑑賞

●日時:6月 12 日(火)午後3時~

●場所:平成記念美術館ギャラリー(世田谷区桜3-25-4 tel:03-3426-1103)

●入場無料

https://www.heiseikensetu.co.jp/gallery/exhibition/next.html

2018年5月例会 プーシキン美術館展 ‒ 旅するフランス風景画

●日時:5 月 20 日(日)午後3時~

●場所:東京都美術館(東京上野公園)

●会員は入場無料、ただし感想文提出要

http://pushkin2018.jp/

2018年4月例会

■加山又造展

日時:2018年4月14日(土) 15:00〜
場所:恵比寿 会場
https://rematazo.tokyo/

2018年3月例会 松下徹氏 講演「グラフィティアートについて」

● 日時:3 月 14 日(水)19:00〜
● 場所:TS4312

2018年2月例会 埼玉近美「版画の景色」展 鑑賞

● 日時:2 月 25 日 日曜日
● 集合場所:埼玉県立近代美術館入口 11:00
JR 京浜東北線北浦和駅西口より徒歩 3 分(北浦和公園内)
● 備考:チケットあり

 

2018年1月例会 一点持ち寄り座談会

■一点持ち寄り座談会

【日時】
2018年1月25日(木)19:00〜
【場所】
TS4312

2017年11月例会 美術展鑑賞会「第4回新日展」

11月例会は11月3日より国立新美術館で開催される「日展」を鑑賞します。

日時:11月4日(土曜日)10時~12時
展覧会鑑賞後昼食懇談  林香君先生解説予定

●場所:国立新美術館
●その他:入場券は林香君先生からの提供予定。

2017年10月例会 現代アートギャラリーツアー # 神楽坂

何やってるんだろう?とは思いながら通り過ぎる。
美術館と違ってギャラリーは入りにくいなぁ。
現代アートって聞くだけで難しそう。

気にはなるものの、なかなか足を踏み入れるまでに至らない、現代アートギャラリー。
このツアーでは、そんな方の最初の一歩をお手伝いします。
神楽坂にある現代アートギャラリー3 軒のオーナー様にご協力
いただき、坂歩きをしながら、それぞれのギャラリーにて作品鑑賞の仕方や現代アートの楽しみ方
そのものなどなど、参加者のみなさんの疑問ひとつひとつと向き合っていきます。
ツアー後は矢来町カフェさんにて、簡単な交流会を予定しています。

●各展示概要
eitoeiko:アニバル・カタラン展「The Peak」
Maki Fine Arts:豊嶋康子 個展「四角形」
CAVE:Toshi Onuki 個展「LONG HOPE」

●期日:2017 年10 月14 日(土)14:00 集合

●集合場所:地下鉄東西線神楽坂駅神楽坂口横。17:00 頃解散予定(その後、希望者のみ交流会)

●参加費:500 円(当日清算、チラシの印刷費に使わせていただきます)。交流会は実費でワンドリンクお
願いします。

●定員:20 名(事前申込制)

●申込・問合せ先:カウンターポイント編集室:石丸
counterpoint.kgrzk@gmail.com tel 080-3556-6675
(氏名、参加人数、連絡先をお伝えください)

●主催:counterpoint #kagurazaka

●協力:eitoeiko、Maki Fine Arts、CAVE

2017年9月例会 熱海 MOA美術館 鑑賞と熱海名所めぐりツアー

熱海 MOA美術館 鑑賞と熱海名所めぐりツアー

熱海美術館で開催中の岡田茂吉記念展を鑑賞し、熱海の名所を巡ります。
例会 幹事 北林憲次

● 日時:9 月 13 日 水曜日
● 集合場所:仮 現地熱海駅 11 時ごろ (変更あり)
● 参加者:先着順 10 名以下。(MOA無料枠の都合)
● 交通:参加希望者数により、自家用車 or 電車を決定

コース:MOA美術館~ 熱海梅園~糸川通リ(ブーゲンビリア)~海岸通リ (ジャカランタ遊歩道) 他

● MOA美術館入場:特別枠で各人負担なし
● 申込締切:交通手段決定の関連で 9月6日(水)を厳守願います。

2017年8月例会 日影眩 氏 講演

日影眩 氏 講演
「アメリカのアートの現状と日本人作家たち」

● 日時:8月27日(日) 午後 3 時~午後 4 時半

● 場所:アートコンプレッスセンター 2 階 ACT5

● その他:会員外 1000 円

 

● 日影眩 氏 略歴

1936 年生まれ
1967 年 法政大学卒業
1904 年~ 2016 年ニューヨーク在住

■展覧会
2014 年 ステップギャラリー
2011 年 池田 20 世紀美術館 他多数

■出版
「360 度のニューヨーク」 ギャラリーステーション刊

 

 

 

 

第26回マイコレクション展(2017/8/22〜27)

●展覧日時:
8月22日(火)~27日(日)
11時~20時、最終日は15時まで

●会場:
ACT(アートコンプレックス・センター)2F ACT 5
(東京メトロ丸の内線四谷3丁目下車7分)

●講演:
日影 眩「アメリカのアートの現状と日本人作家たち」
8月27日(日)15時~16時半

●クロージングパーティー:
8月27日(日)16時半~17時半(予定)
講演&パーティー:会員は無料、会員以外は参加費1,000円

 

 

2017年7月例会「ボストン美術館の至宝展」鑑賞

月例会は 7 月 20 日より開催の都立美館「ボストン美術館の至宝展鑑賞会と致します。 
久しぶりに里帰りする曽我蕭白「風仙図屏風」、ゴッホ「ルーラン夫婦」、モネ「睡蓮」など東西の名作が色々と鑑賞できます。 
是非参加下さい。

● 日時:7月30日(日)

● 会場:東京都美術館

●アクセス:JR上野駅・メトロ上野駅徒歩15分

● 集合:15:00 都美館館ボストン展入口付近

●その他:
・入場券は各自購入願います。
・17:00~有志懇親会(上野駅近く)

 

 

2017年6月例会 ブリューゲル「バベルの塔」展鑑賞

6月例会は現在 都美館で開催中の「バベルの塔」展鑑賞会と致します。

●日時:6月4日(日)
●場所:東京都美術館 アクセス JR 上野駅・メトロ上野駅徒歩15分 
●集合:15:00 都美館ブリューゲル展入口付近 
    17:00~有志懇親会  上野駅近く
●その他:入場券は各自購入願います  
     一般1,600円、65歳以上1,000円(必ず証明書持参下さい。)
●事前連絡:事務局増田まで連絡願います

2017年5月例会 市原研太郎氏(評論家)講演

市原研太郎氏(評論家)講演

仮題: 日本のアートマーケット活性化の為の
「マーケットをめぐる日本のアートが直面している問題」
(国内外の事情を比較して)

 

●日時 5月13日(土) 18:00〜20:00
●場所 TS4312

●会費 会員 無料 非会員 1,000円
●懇親会 少数の場合はTS4312で会費1,000円、大人数の場合は外で実費

 

【市原研太郎氏 略歴】
美術評論家。1980 年代より展覧会カタログに執筆、各種メディアに寄稿。
著書に、『マイク・ケリー ” 過剰の反美学と疎外の至高性”』(1996 年)、
『ゲルハルト・リヒター/光と仮象の絵画』(2002 年)、
『アフター・ザ・リアリティ―〈9.11〉以降のアート』(2008 年)、
『現代アート事典』(共著、2009 年)等。
また、『Identity Ⅳ』(2008年)、『Reality/Illusion』(2010 年、ベルリン)等の展覧会企画を手掛ける。
現在は、自身が主宰するブログマガジンArt-in-Action(http://kentaroichihara.blog.fc2.com/
やレクチャーを中心に活動(大型国際展やアートマーケットなどの世界のアートシーンのリサーチ)を展開している

 

 

2017年4月例会 土井章史氏 講演(トムズボックス)

土井章史氏 講演「原点はトムズボックスから」

●講演者:土井章史(どいあきふみ)

●紹介:

絵本屋トムズボックス(吉祥寺)を1993年4月にオープン、一昨年15年に閉店。
その間、長新太、井上洋介らの個展を毎年開催、絵本も200冊以上企画編集してきた。
今年3月にはACT(アートコンプレックスセンター)にて「井上洋介没後1周年大誕生会」を開催した。

 

●日時:4月22日(土)6時~7時半(質疑応答含む)トーク終了後に懇親会あり

●場所:TS4312(東京メトロ・四谷三丁目下車3分、サワノボリビル9F)

●会費:会員無料、非会員1000円

●懇親会会費:会員、非会員共1000円

2017年3月例会 上野の森美術館「VOCA展2017」鑑賞

3月例会は桜満開の上野の森での美術展鑑賞です。
美術と桜を楽しみたいと思います。
会員以外の方へのお誘いも含めて多くの皆様の参加をお待ちしています。

*3月23日までにご連絡ください
( ご出席いただける人数は先着15名までとさせていただきます)

●日時 : 平成29年3月25日(土)10:00~
上野の森美術館入り口前 午前10 時集合(時間厳守)
当場所にて入場券をお渡しします。(担当:北林)

●参加の方  K’s Gallery 内 増田までご連絡下さい。
Tel 03-5159-0809
Fax 03-5579-9004
メール kgallery@eagle.ocn.ne.jp

2017年2月例会 「ART in PARK HOTEL TOKYO」

アート大阪 × パークホテル東京=「ART in PARK HOTEL TOKYO」

ART OSAKA 実行委員会が東京で主催する、言わば、ART OSAKA の東京出張版アーフェア「ART in PARK HOTELTOKYO」。昨年初の試みとして開催されましたが、引き続き本年も開催されます。ART OSAKA は、ご存知のように現代アートに特化したアートフェアです。現在東京では、大きなアートフェアとしては、古美術を中心としたART FAIR TOKYO(3 月開催)のみであり、なおかつ敷居の低いホテル型アートフェアが開催されていないことから、これらを補填し、とかく難解といわれる現代アートを一般の方にもより身近に感じてもらうために、現代アートの本場大阪から現代アートのフェアがやってきます。

● 2 月12 日( 日) 15:00、25 階エントランスに集合(幹事:片岡)
各自自由に鑑賞後、17:00 に再び25 階エントランスに集合、希望者にて懇親会。
※各自、チケットをご自分で手配していただき、後日半券と引き換えに事務局で精算してください。

【開催日時】2017 年2 月10 日( 金) 〜12 日( 日)
プレビュー:2 月10 日( 金) 12:00-19:00 ※招待客・プレス関係者のみ
一般公開:2 月11 日( 土) 11:00-19:00、 2 月12 日( 日) 11:00-19:00
ご入場はフェア終了の1 時間前まで

【フェア会場】パークホテル東京 26 階・27 階 (2 フロア)
〒105-7227 東京都港区東新橋1 丁目7 番1 号 汐留メディアタワー (フロント25 階)
TEL: 03-6252-1111(代表) URL: parkhoteltokyo.com

【出展ギャラリー数】39
【入場料】¥1,500 / 1 Day Pass
【主催】ART OSAKA 実行委員会
【特別協力】パークホテル東京
【協賛】サントリーアライド(株)、( 株) ライブアートブックス、イリカフェ社
【後援】Young Art Taipei、ワンピース倶楽部、パトロンプロジェクト、アートのある暮らし協会
【メディアパートナー】芸術新潮、月刊ギャラリー、株式会社 美術年鑑社、Tokyo Weekender
【公式URL】http://www.aipht.artosaka.jp/
【実行委員長】松尾良一 / TEZUKAYAMA GALLERY
【実行委員メンバー】林聡 / ギャラリーノマル、細川佳洋子 / ギャラリーほそかわ、石田克哉 / MEM、加藤義夫 / 加藤義夫芸術計画室、八木光恵 / アートコートギャラリー、森裕一 / MORI YU GALLERY、井上佳昭 / Yoshiaki Inoue Gallery
【相談役】山口孝 / ギャラリーヤマグチ・クンストバウ
【事務局】宮本典子 / フェアマネジャー