美楽舎(びがくしゃ)とは

美楽舎は1990年2月18日に美術を愛好する仲間が集り、東京で産声をあげました。

会員は全国各地で活動しています。

毎月例会を開催し、美術館にて学芸員の方からお話を伺ったり、アトリエ訪問をしたり、興味の尽きない内容で活動しています。

美楽舎 会則

【美樂舎 会則】

1.本会名称を「美樂舎」とする。

2.本会は美術愛好家やコレクターが美術を楽しむさまざまな活動を展開し、会員相互の親睦をはかる。

3.本会は、会員によって組織される。美術愛好家は、誰でも入会できる。

4.本会は、毎年1回の総会を開催する。 総会にて、会員の選出によって役員を決める。

5.役員は代表・事務局長・運営委員を執行部として適宜人数を選出する。

6.役員の任期は1年とし、毎年総会にて改選する。

7.執行部は毎月定例打合せ会を開催し、活動計画や運営方針を決定する。

8.会費は毎月2000円とし、会員の取引口座より毎月自動引落としとする。

9.本会は原則として毎月1回例会を開催する。

10.本会は原則として毎月1回会報を発行する。

11.会計年度は1月〜12月とし、実務は事務局が行う。事務局長は総会で決算報告を発表し、承認を得る。

12.退会は本人の申出によりこれを認める。申出あった後速やかに会費自動引落としストップ手続きをとるが、ファクター会社・取引銀行の処理に1ヶ月程度必要とする

13.会費の長期未納者に対しては退会勧告を行う。また著しく会の秩序を乱したり、会員に迷惑をかける会員が出た場合は、定例打合せ会で除籍処分を決定できる。

平成2年5月23日制定
平成3年9月28日一部改訂
平成9年7月5日改訂
平成12年1月30日改訂
平成17年12月18日改訂

【平成24年度 役員】

代表 :澤登丈夫

事務局長 :増田きよみ

運営委員 :
石堂琢己、内田孝憲、岡本幸信、小倉理礼、片岡靖雄、鈴木忠男、高木暎子、丹伸巨、羽毛田薫、藤井忠生、吉本宏治、北林憲次 以上12名